hiromochanの高原スローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 水彩画 その151 「初夏のスケッチ/高原レストランにて」

<<   作成日時 : 2017/06/09 08:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 爽やかだった5月も過ぎて、何となく曇りがちの天気が多くなって来たと思っていたところ、今週関東甲信地方は梅雨に入ったとの発表があった。いよいよ、屋外でのスケッチもコンディションに悩まされる季節になってしまった。

 雨天または雲が多い日には周囲の山など遠景を見通せないため、スケッチの題材としては近景を選択せざるを得ない。手っ取り早いのは、いつもながら 「建物系」 である。

 今回は 『北杜市清里高原にあるレストラン』 を題材にして描いたスケッチを2点掲載したい。


1.テーマ 「初夏の高原レストラン(1)」 北杜市清里高原、 サイズ:A4
 
 北杜市清里の国道141号線沿いに 「ROBEN-SO(炉辺荘)」 というイタリアンレストランがある。私は中に入ったことは無いが、店前の駐車場にいつも洒落た外車が停まっている(オーナーが外車好きでデコとして置いていると想像する)ので、通りがかり時は目を引かれる施設だった。

 5月末の霧雨が降る日にここへ行った時にも、外車が2台駐車していた。我々は道路向かいにある広い駐車場に車を乗り入れ、斜め下から施設を見上げるようなアングルで各自スケッチをすることになった。
画像

       <同場所の写真>
画像

 天気が悪いとはいえ、新緑の林に囲まれて佇んでいるロッジ風レストランの姿は、十分絵の題材になりそうな雰囲気であった。2台の外車と入口付近のランタンやサインボード、フラッグなどをアクセントにして、出来るだけ明るい雰囲気に仕上げるよう留意した。

 私が選んだ場所からは建物は丁度良いアングルだったが、車は正面過ぎてやや面白みに欠ける感じになってしまった。こういう場合は、車だけ角度を若干変えて側面も少し描き入れるように工夫するのが良いと思った次第(反省点)。


2.テーマ 「初夏の高原レストラン(2)」 北杜市清里高原、 サイズ:A4

 6月最初のスケッチの日も、上空は暑い雲に覆われていた。早々に山は諦め、上記のレストランから100mも離れていない 『ROCK』 というレストランを描くことになった。

 この 『ROCK』 は清里随一の観光スポット 『萌木の村』 の基幹店であるけれども、実は昨年の夏に火事で一部を焼失してしまい、その後オーナーや関係者の必死の努力によってこの5月に営業再開に漕ぎつけたということである。そんな “努力と再建” という経緯を感じながらの我々のスケッチは、いつもよりちょっと力が入った感じで、各自時間もかけてじっくり描いていた。
画像

       <同場所の写真>
画像

 皆さん、施設を斜めに望む駐車場の右寄りに陣取ったけれども、施設の右サイド(2階のレストランホールが林の奥へと入り込んでいる)を入れるかどうかで構図が分かれることに成った。私は右側面を奥まで描き込むようにしたが、逆に 「ROCK」 の看板の掛かった正面入り口と花車のモニュメントのある左サイドがややタイトになる構図となった(花車については画面に丁度入る様にやや右方向へ移動させている)。手前アプローチの花壇はまだ造営中で花も少なかったので、建物の位置をやや低めにして手前を圧縮するように試みた。周囲の新緑の樹影については、建物との対比で余りリアルに描かない方が良いと考え、ボカシを使いながら柔らかく表現するように留意した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水彩画 その151 「初夏のスケッチ/高原レストランにて」 hiromochanの高原スローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる