hiromochanの高原スローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 水彩画 その149 「風薫る候のスケッチ」

<<   作成日時 : 2017/05/19 09:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 5月になると八ヶ岳高原一帯もすっかり春本番。
 “明るく柔らかな光” に囲まれ、 “草花の香りのする爽やかな風” に吹かれながらの屋外スケッチは、一年の内で最も気持ちの良い候である。

 今回は、そんな中でいつもの絵仲間と描いた 「水田風景」 を一点、「新緑風景」 を一点 掲載したい。


1.テーマ 「水田と南アルプス」 北杜市高根町東井出、 サイズ:A4

 ここは、例年春と秋に良く描きに来る定番の場所である。
 一段高くなった土手の上に立つと、西南の方向に階段状に連なった水田地帯を見渡せる。水田には既に8割り方水が入っており、田植え準備が進んでいる。中景には適当に点在する民家が有り、遠景としては南アルプス連峰が眺望できるので、里山風景のスケッチには格好の場所だと思っている。
 西側には主峰の甲斐駒ケ岳を見渡せるので、これまでにもその構図で何度か描いている。
画像

 従って、今回は敢えてアングルを南側に振り、水田地帯がずっと奥まで抜けていくイメージを表現しようと試みた。
画像

       <同場所の写真>
画像

 結果として、構図・彩色の両面でもう一工夫が必要だと感じた次第。最近、「反省点があるということは、次回に生かす起点になるという意味で、悪いことでは無い」 と考えるようにしている。


2.テーマ 「新緑のカラマツ並木」 南牧村海ノ口、 サイズ:A4

 標高1500m付近の 「海ノ口自然郷」 にはメイン施設として 「八ヶ岳高原ロッジ」 がある。その前の道路沿いには、自然郷開発当初から計画的に植林されたと思われる 「カラマツ並木」 がある。八ヶ岳一帯では至る所にカラマツの群生が観られるが、ここのカラマツ並木は、すこぶる枝振りが良く道路両側に直線的に延々と連なっているという点で ”絵になる場所” である。
 以前は5月の末頃に描きに来た記憶があるが、今回はそれより2週間ほど早かった。新緑の色合いはまだ黄色っぽく、松葉のつき方も十分ではなかったが、逆に枝の伸び具合が良く見通せるという点では、むしろ良かったのかも知れない。
画像

       <同場所の写真>
画像

右側から差し込んでいる午後の光を意識して、
@ 並木の左列と右列の色合いの違い
A カラマツの幹の左側の影
B 右列の幹の元から道路に伸びる樹影

などを意識して描いてみた。

 一見単純な構図ではあるが、もうひとつ重要な点は 『道路が下っているように見えるか?』 ということである。過去に失敗したことが何度かある点だけに、今回は特にそれを留意してデッサンした。具体的には、道路の奥から1/3程のところにある、ちょっとした“落ち込みカーブ”の表現がポイントだと理解している。


<余談:自然郷の別荘訪問>
 上記のスケッチをした後、この自然郷内の別荘に居住(定住)されている絵仲間(Kさん)のお宅を皆で訪問させていただいた。場所は八ヶ岳高原ロッジから少し上った別荘林内(標高1600m付近)。戸建てでは無く、6戸が一つの建物(3階建て)に集合しているマンション風別荘だった。

 Kさんは現役時代首都圏で働いていたけれども、バブルの頃に分譲されたこの物件を購入。以来長年別荘として利用して来たとのこと。リタイアして久しく経ち、最近思い切ってここへ永住を決め、首都圏の自宅は引き払いここへ引っ越してきたということ。2LDKで一人生活のKさんには十分すぎる広さ。内装は木をふんだんに使ったロッジ風の仕上がりで大変機能的かつ洒落た感じだ。
 管理会社が除雪・凍結防止など面倒なことは大抵やってくれるし、レストランから出前もしてくれるなど、極寒のこの地でも特に不便は感じないとか。
 移住組の他の仲間からは 「そうはいっても、定住地としては標高1000mくらいまでが目安ではないか?」 との意見が多いけれども、ご本人は気にしていないようだ。

 一口に 『田舎暮らし』 とはいうけれど、人それぞれ色んな考え方や行動が有るものだと感じた次第。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
16日は夫ともどもお邪魔させて頂き有難うございました。
美味しいコーヒーとお菓子を頂きながら、
素晴らしい作品を拝見できて、幸せな一時でした。
過日の様子を拙いブログに書かせて頂き、
こちらのブログの紹介もさせて頂きました。
よろしければご笑覧下さい。
http://ameblo.jp/roberia32/

奥様にもよろしくお伝えください。
松本にお越しの節は、是非お立ち寄りくださいませ。
miyamaodamaki
2017/05/21 10:22
miyamaodamakiさま
こちらこそ、遥々お越しいただいて有難うございました。miyama..さんのブログ拝見いたしました。多岐に亘って熱心に更新されていて驚きました。私のブログも紹介頂いて恐縮です。こちら方面へお出かけの際は、またお気軽にお越しください。
hiromo
2017/05/22 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
水彩画 その149 「風薫る候のスケッチ」 hiromochanの高原スローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる